住みやすい家は設計が重要!?注文住宅の設計の考え方


まずは理想の家を考える

注文住宅は、建売住宅とは異なり、購入者が設計に関わり、こだわりの家を建てることができる点が特徴です。しかし、多くの購入者が設計に関する知識を持っていません。まずは理想の家とは何なのかを考えることが重要です。家族一人一人で、マイホームに対するこだわりは異なります。吹き抜けが欲しいと思っている人もいれば、プライベートな空間にこだわりたい人もいます。それぞれの理想を出して、どれを優先するのかを考えるとよいでしょう。

理想の家は実現できるものかを考える

理想のマイホームの案が出たならば、次にそれらの理想は実現可能なものかどうかを考える必要があります。実現できないのにいつまでもこだわっていては無駄です。資金面と機能面の二つから実現可能なものかどうかを考えます。マイホームを建てるために用意した資金で、その理想をかなえるために足りるのか、足りなければどれだけ足りないのかを調べることが必要です。設計面では、専門家と相談してより安く、理想に近いものを整えることができるかを確認するとよいでしょう。

よくある失敗例を知る

注文住宅を建てる際に、設計で失敗したという人は数多くいます。それらの失敗例を参考にすると、より良い住宅を建てることにつながります。よくある失敗例から、不足がないかを確認するとよいでしょう。よくある失敗例としては、収納の不足や冷暖房の効きづらさ、生活音などがあげられるので、これらの点に注意しながら設計することが必要です。

細かな間取りと生活動線を考える

間取りを設計する際には、見栄えの良さばかりにこだわってはいけません。重要なことは生活動線を確保できているかということです。生活しやすい間取りを考えると失敗しません。

東京の注文住宅を安く建てるときには、外壁の凹凸をできるだけ少なくして、シンプルな形にするのがコツです。