賃貸オフィスとレンタルオフィスの利用方法、向き不向きを見極める


レンタルオフィスの利用方法とは!?

賃貸オフィスとレンタルオフィス、拠点をかまえたいエリアに2つのオフィスのタイプがあったら、どちらにしようか悩むこともありますよね。それぞれ利用方法が違いますし、企業の業務によって合う合わないもあります。レンタルオフィスは、一般のオフィスビルのフロアを複数に区切って個室スペースにしている仕様です。グレードの高いエリアに立地していることが多く、このような好条件な場所を比較的安い賃料で借りられます。

個室スペース内は既に内装が出来上がっていて、電話回線やネット回線、電気も開通している状態であり、デスクやチェアなどの家具の準備も整っています。レンタルオフィスの個室スペースは、従業員の人数分の必要最低限の広さです。オフィスに来客が来た場合は、別に休憩室や会議室などが設けられているので、こちらを共有して利用することができます。レンタルオフィスは、ビジネスの信用力となる立地にオフィスをかまえたい人、初期費用を抑えたい起業したばかりの個人や少人数の企業の利用に向いています。

賃貸オフィスの利用方法について解説!

レンタルオフィスと違って、賃貸オフィスの面積は広いという特徴があります。従業員の業務スペースの他にも、在庫や収納スペース、ミーティングスペースなどを自由にレイアウトして配置することができます。内装やオフィス家具の用意も、自社のイメージに合うようにオフィスデザインを自分たちで考えられます。電気や電話、ネット回線などのライフラインなどは手続きする必要があります。賃貸オフィスは従業員の人数が多く、商品や書類などの在庫スペースを確保したい、企業のカラーを出したいという企業の利用に向いています。

中央区で賃貸オフィスを利用する場合は、事務所検索サイトを使用する方法が取れます。目的に応じて活用する事も可能です。