家造りは全額自己資金?住宅ローンを使わないメリットは?


自己資金で家造りをするメリット

家造りをするときには住宅ローンを利用するのが一般的です。しかし、資金を計画的に貯められる人なら家造りを全額自己資金で行える場合もあります。全額自己資金で家造りをするのは費用負担が低減され、長期的な支払いを求められずに済むことです。住宅ローンを利用すると金利が付くので支払総額はかなり多くなってしまいます。目の前の支払いは少なくて済むのは確かですが、生涯で使えるお金が目減りしてしまうことになるのがデメリットです。しかし、全額自己資金なら利息の支払いはないので、資産を余計に減らさずに済みます。

また、将来的に住宅を建てたいと思ったときに新規で住宅ローンを利用できます。返済中の住宅を売却して新しい家を建てることもできますが、ローンの総額が大きくなるので負担が大きくなりがちです。全額自己資金で済ませると住宅ローンを利用するときに負債がない状態からスタートできるので借入額を大きくしやすく、無理のない返済計画も立てやすいのがメリットです。

家造りは自己資金で本当に可能か

自己資金で家造りをできるのはとても年収が高い人だけではないかと思う人もいるでしょう。確かに生活費にある程度の余力があって、少しずつ貯蓄を行えるくらいの経済力があることは必要です。ただ、毎月何十万円も貯蓄できるほどの余裕がなかったとしても、余剰資金を投資で増やすことができれば自己資金で家造りができるでしょう。資産は増やす時代になっているので、自己資金で家造りをしたいなら投資をすることも視野に入れましょう。

家を建てる費用として、3000万円は平均額です。3000万の家は基礎的な建築に加えて、施主のこだわりを叶えることもできます。業者とよく検討することが大切です。