これだけはチェックしておきたい、家族構成別、賃貸物件選びのポイント


単身者の物件選びのポイント

学生や独身の人、はたまた単身赴任といった独り暮らしの場合、物件選びの最大のポイントは通勤通学のしやすさです。学校や職場に近い場所や、駅など公共交通機関の施設に近い場所に家を借りた方が、移動時間を短縮でき、自分の時間を確保する事ができます。コロナウィルスの影響で在宅ワークやリモート授業が浸透しつつありますが、終息後は仕事も学校も、対面の比率が高まる事が予測されますので、やはり通勤通学に便利な場所を選んだ方が良いでしょう。

子育て世帯の物件選びのポイント

独り暮らしの場合であれば、自分の都合だけで物件を選ぶ事ができますが、家族と一緒に住む場合は、皆が生活し易い環境を選ぶ必要があります。特に、子供がいる場合は、子育てに便利な施設が近くにある物件を選んだ方が良いでしょう。学校や幼稚園が近いことはもちろん、病院も近くにあった方が、いざという時に安心です。また、公園など、近くに遊べる場所があると、なお良いでしょう。

主婦目線では、日用品や食品の買い物が便利である事も大事です。特に子供が小さい場合は、買い物にかけられる時間も限られるので、スーパー等が近くにある事も大きなポイントになります。この他、自治体によっては子育て世帯に対し、医療費などを補助してくれるところもあります。そういった自治体で物件を探すことも大事です。

リタイア後の世帯の物件選びのポイント

子育てが終わり、仕事もリタイアし、夫婦2人の生活に戻った世帯では、静けさと間取りの広さがポイントになります。リタイア後は家で過す事が増えるので、できるだけ騒音の少ない閑静なエリアで物件を探した方が良いでしょう。また、夫婦間の距離も大切で、お互いのプライベートが確保できる広い間取りの物件を選ぶ事も大切です。

室蘭の賃貸は室蘭に所在する賃貸物件のことで、賃貸借契約に基づく住居用建物や店舗・オフィス用建物のことです。