庭や駐車場も検討しよう! 注文住宅の設計について


住宅以外の設計も大切です

注文住宅は、施主のイメージや予算に合わせて自由に設計できる住宅です。住宅の間取りや外観など、施主が決定すべき点はいろいろあります。しかし、決定する点は土地全体におよぶので、庭や駐車場についても忘れないようにしましょう。充実したガーデニングをしたいとか、2台分の駐車場が欲しいなどの希望があるときは、住宅を少し小さくしなければいけないこともあります。

広い土地があればすべての希望をかなえられるかもしれませんが、一般的に広い土地ほど高額になるため現実的ではないかもしれません。新居が完成したあとの生活をできるだけ明確にイメージして、優先したいことを決めておきましょう。住宅を少し小さくしてでも庭を確保したいときは、住宅メーカーの設計担当者に相談すれば適切なバランスを提案してくれるはずです。

駐車場と住宅の設計について

建築予定の土地に複数台の車を駐車したいとき、基本的には駐車場の面積を増やすことになります。充分な広さを持った土地があるなら問題ありませんが、そうではないなら工夫が必要です。設計担当者からよく提案される解決策は、車庫を地下や住宅の1階部分に作る構造です。地下や1階部分に1台、その他の敷地内にもう1台を駐車すれば、比較的狭い土地でも駐車場問題は解決です。地下や1階部分は屋根がある状態になるので、雨などの影響を受けずに車を保管できるメリットもあります。最終的な建築コストが少し高くなることも考えられるので、住宅メーカーの担当者とよく相談しましょう。予算不足が考えられるときは、駐車場を1台分に計画変更するか、予算を工面する方法から再検討することが基本です。

福岡の注文住宅は福岡エリアに住宅を建てたい人々が利用する住宅建築サービスで、自身の理想に合う住宅を建てることが可能です。